代表メッセージ

ただの不動産管理会社ではない、 常に新たな挑戦を視野に入れ挑戦し続ける フェニックスを知ってください。

突然ですが、みなさんは日本が先進国だと思いますか?
一般的に日本は先進国と分類されますが、本当にそうでしょうか。
数年前と比較して現在の暮らしは確かに豊かになっていて、 数年後の未来を想像して
日本はさらに豊かになっているだろうと、自信をもって言えるでしょうか。
昨日までの当たり前が今日では通用しないほどに目まぐるしく変化を続ける今日の世界情勢に、
置き去りにされているのが日本の現状だと私は考えます。
日本で働く当事者として、そんな現状を打破したいと、本気で考えています。

フェニックスは今まさに創成期を迎えており、
これまでの古い常識は捨てて、更なる飛躍の為に挑戦し続けています。
これから更なる成長を遂げていくフェニックスの創成期としての第一歩を共に歩みませんか?

我々が目指すべきレベルは日本の基準ではなく世界の基準です。
入居者、オーナーだけでなく、時代の変化に伴う社会のニーズも正確に捉え、
不動産管理業を通じて解決していきます。
暮らしの当たり前を変え、前例のない未来を私たちと創造していきましょう。

Vision

プロパティマネジメント事業の
市場価値を上げる

徹底したオーナー目線

製造業からスタートしたフェニックスグループが貸家業として成長するために常に実践してきたこと、それはM R O です。

メンテナンス
(手入れ)
リペア
(修 理)
オーバーホール
(更新)

オーナー様として気になるのがやはり設備・機器の更新です。
設備の更新には大きなコストがかかりますので、弊社では如何にして更新せずに、不具合を起こした設備・機器を蘇らせるかを追求します。
弊社は修理できる物は修理し出来る限りコストを掛けないという考えで徹底したオーナー目線を実践し、オーナー様の満足度向上を目指します。

部屋作りへのこだわり

弊社ではリーシング担当者が原状回復工事の手配をしております。

担当者は常に入居者目線に立った情報収集を行い、今必要とされている設備やデザインを研究しております。

ありきたりの部屋ではなく誰もが住みたくなる部屋作りを目指し、各住宅設備メーカー様のショールーム見学会などにも参加しております。

リーシング担当者は自分で作った部屋を自分で売りに行くというスタイルなので営業にも力が入りますし、何より部屋に対しての知識が豊富で何を聞かれても答えられるという仲介業者様にとって信頼できる存在となっており、その信頼が部屋付け促進にも繋がっております。

部屋内の常設品として玄関姿見、浴室ワイドミラー、水廻りはシングレバー、シーリングライト、エアコン、リビング壁1面アクセントクロスなど設置し他物件との差別化を図っております。フェニックス物件は付加価値を付け他物件と差別化することにより相場より高い家賃で成約しております。

会社概要

会社名
株式会社フェニックス管理
所在地
〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場2丁目1番3号 PHOENIX南船場ビル8階
資本金
1,000万円
設立年月
2013年3月
代表取締役
徳山 聖也
宅地建物取引業免許
大阪府知事免許(2) 第58528号
賃貸住宅管理業免許
国土交通大臣免許(1) 第3845号
管理棟数
192棟(2020年11月末現在)
管理戸数
8582戸(2020年11月末現在)
事業内容
  • 賃貸マンション・建物管理業
  • リフォーム事業
  • コインパーキング事業
  • 賃貸保証事業 他